8連続バーディのレムケが2位浮上 谷原と宮里は予選落ち

8連続バーディのレムケが2位浮上 谷原と宮里は予選落ち

◇欧州男子◇ベルフレッド英国マスターズ 2日目(10日)◇ヒルサイドGC(イングランド)◇6953yd(パー72)

2位から出たマット・ウォレス(イングランド)が5バーディ、ボギーなしの「67」で回り、通算12アンダーとして単独首位に浮上した。初日からノーボギーを続ける安定したプレー内容で、後続に1打差をつけて決勝ラウンドに乗り込む。

通算11アンダーの2位にニコラス・レムケ(スウェーデン)、リッチー・ラムゼイ(スコットランド)、ロス・フィッシャー(イングランド)、トーマス・デトリー(ベルギー)の4人。「64」をマークしたレムケは、前半13番からツアー史上2番目の記録となる8連続バーディを決めた。最多は2月「ISPS HANDA ヴィックオープン」でジェームス・ニティーズ(オーストラリア)が記録した9連続。

今年度の大会ホストを務めるトミー・フリートウッド(イングランド)は「69」とし、通算7アンダーの11位で決勝ラウンドに進んだ。

91位から出た谷原秀人は「71」にとどまり、通算イーブンパーの96位で予選落ち。126位と大きく出遅れた宮里優作も「70」と伸ばしたが、通算1オーバーの110位で予選落ちに終わった。


関連記事

おすすめ情報

GDOの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索