無印良品を展開する良品計画は、ベッド、デスク、チェア、収納用品など、無印良品の家具の月額定額サービスを、日本国内182店舗にて開始しました。

 

同社は2020年7月から約3か月間、無印良品とIDEEの家具・インテリア用品を6種のセットで利用できる月額定額サービスを期間限定で展開。そのなかで「セットではなく単品でのサービスが欲しい」という意見が多く集まり、1月15日から、必要なモノを必要な「量」と「期間」、購入ではなく「利用」できる月額定額サービスを、家具単品を対象に新たに開始。実施店舗も2020年実施時の7店舗から182店舗へと拡大しています。

 

同サービスは、無印良品のベッド、デスク、チェア、収納家具など、汎用性が高くシンプルであり、パーツ交換やメンテナンスのできる製品を選定。大きな初期費用を支払うことなく、手頃な月額定額料金で利用できます(初回のみ配送料が必要。家具の組み立てを希望する場合は別料金)。契約は年単位で、1年/2年/3年/4年のプランが用意されており、選択したプランの期間満了時には、「解約・返却」「契約延長」を選択するか、希望者は買い取り料金を支払うことで、そのまま使い続けることも可能です。

 

契約終了後に返却された家具は廃棄せず、パーツ交換やメンテナンスを施し、改めて月額定額サービスでの再利用や、中古品としての販売を予定しており、循環させてゴミを減らす活動につなげていくとのこと。

 

対象製品と料金については、以下の表をご覧ください。