LGエレクトロニクス・ジャパンは5月24日、ゲーミングディスプレイシリーズ「LG UltraGear」の32型モデル「32GP83B-B」を発表。6月上旬から発売します。価格は5万9000円前後です。

 

LG UltraGearは、LGのゲーミングディスプレイの中で、ハイエンドモデルにあたるブランド。あらゆるジャンルのゲームを快適かつ高画質で楽しむための機能を備えた、「勝つため」のシリーズと位置付けられています。

 

32GP83B-Bは、Nano IPSテクノロジーを採用したIPSパネルを搭載。発色が鮮やかで自然な色彩表現を実現しています。また、DCI-P3の色域を98%カバー。ゲームの世界を美しく、鮮やかに再現するとのこと。

 

応答速度は1msで、FPSやスポーツ、シューティングなど動きの速いゲームでも残像感の少ないくっきりした映像を楽しめるとしています。さらに、リフレッシュレートは165Hzに対応しています。

 

主なスペックは、解像度がWQHD(2560×1440ドット)のほか、表示色は約10.7億色、輝度は350cd/㎡、コントラスト比は1000:1。インターフェイスはHDMI×2、DisplayPort、ヘッドホンジャックをそろえています。

 

このほか、明るい部分の白とびを抑え、暗い部分をより深い黒で再現するHDRや、高リフレッシュレート・低遅延なモデルに付与されるAMD FreeSync Premium Pro テクノロジー、ティアリングやスタッタリングを抑えるNVIDIA G-SYNC Compatibleに対応しています。

 

これに加えて、映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを最小限に抑えるDAS(Dynamic Action Sync)モード、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなどの、ゲーミング向けの機能を搭載しています。

 

本体サイズはスタンドありで幅715×奥行き292×高さ490〜600mm、重量は約7.2kgです。