ステンレスシンクに鉄の缶や、料理用具を置きっぱなしにすると、成分が溶け出してステンレスにこびりついてしまう。このもらいサビを日用品できれいに落とす簡単テクニックをご紹介!

 

使用するのは身近な用品類

重曹(炭酸水素ナトリウム)、日本薬局方の品質規格のものが安くて安全

 

メラミンフォーム製スポンジ

 

台所用合成洗剤。裏の液性の項目が中性と記されているもの

 

クリームクレンザー。裏の成分の項目に研磨剤と界面活性剤が記されているもの

 

できるだけ傷をつけずにもらいサビだけを落としたい

ステンレスは鉄にクロム、ニッケルなどを加えた合金で、乾燥状態ではステンレス自体が表面に不動態被膜を作ってサビにくくなっている。ステンレスの表面に鉄が触れて、そこに水分を含むことでサビが発生する。ステンレス自体がサビたものではないので、このサビをもらいサビと呼ぶ。

とはいえ、そのまま拭いたり、こすったりしても落とせるものではないので、サビ落としのテクニックが必要だ。シンクを傷つけたくないので、工具は使わずスーパーなどで買える家庭用品で落とす方法を2パターン紹介する。メラミンスポンジを使い研磨するので、きつくこすると、かすかなヘアラインが入る場合があるが、それもイヤという場合は、重曹パックで使うメラミンスポンジを普通のスポンジにして重曹パックの時間を延ばして試すといいだろう。

 

クリームクレンザーとメラミンスポンジを使ったもらいサビ落とし

*一部SNSでは表示されません。本サイトでは閲覧いただけます

 

重曹パックとメラミンスポンジを使ったもらいサビ落とし

*一部SNSでは表示されません。本サイトでは閲覧いただけます