パナソニックは、掃除後のゴミを自動で収集するクリーンドックを搭載し、スティック本体のゴミ捨てをなくすことで、掃除後のお手入れの負担を大幅に軽減した、セパレート型コードレススティック掃除機「パワーコードレス」MC-NS10Kを10月25日に発売します。

 

リモートワークなどによる、こまめな掃除需要の向上を受けて開発

本製品は、スティック本体をクリーンドックに戻すだけで、1回の掃除ごとに本体にたまったゴミをクリーンドック内の紙パックに収集するため、スティック本体のゴミ捨てが必要ありません。紙パックの交換は約1か月に1回となっており、さらに「からまないブラシ」を搭載することでお手入れの負担を大幅に軽減しました。また、掃除機本体にダストボックスがないため、本体質量約1.5kg、手元にかかる重量約0.45kgを実現し、掃除前の準備や掃除中の負担も軽減します。

 

昨今の掃除スタイルは、1回の掃除時間が減少する一方で、掃除をする頻度は増加する傾向にあります。また、在宅時間が増えるなか、「汚れが目につくようになった」などの意識の変化も見られます。

 

こまめに掃除をしたいというニーズの高まりから、スティック掃除機の需要は伸長していますが、スティック掃除機使用者に対するパナソニックが行った調査では、掃除に対して感じるストレスとして、掃除中の「隅のゴミまでしっかり吸えない」「重い」などの内容に加え、掃除後のノズルやダストボックスなどのお手入れ・ゴミ捨てに対して負担を感じている人が多いことがわかりました。

 

そこで、パナソニックは、掃除の準備から掃除後までのわずらわしさを軽減し、こまめな掃除習慣をサポートすることで、清潔でより快適な新しいスタイルを提案するとしています。

 

掃除後のゴミを自動で収集するクリーンドック搭載により、ゴミ捨てなど手入れの負担を大幅に軽減

本製品は、1回の掃除が完了するごとに、本体のフィルターケースにたまったゴミをクリーンドック内の紙パックに自動で収集します。それにより、従来は約7日に1度必要であったスティック本体のゴミ捨てが不要になります。さらに、紙パック式のため簡単かつ清潔に交換ができるうえ、ノズルは髪の毛やペットの毛もからみにくい「からまないブラシ」を搭載し、掃除機のお手入れの負担を大幅に軽減します。

 

↑クリーンドックによるゴミの収集イメージ

 

 

手元重量約0.45 kgで、掃除前から掃除後までの負担を軽減

ダストボックスを分離したことで、本体はスリムで軽量なデザインになっています。クリーンドックに設置された本体を手前に引くだけで簡単に取り出すことができるほか、手元にかかる重量が約0.45 kgと軽量なため、掃除中は軽く動かすだけで操作が可能。さらに、掃除終了後もクリーンドックに設置するだけで自動でゴミの収集と充電が開始されるため、掃除の始まりから終わりまでの負担を大幅に軽減しました。

 

また、本体とクリーンドックは、リビングなどの居住スペースに置くことを想定し、空間に溶け込むデザインになっています。

 

 

↑本体重量は約1.5 kgながら、手元重量は約0.45 kg

 

製品情報

品番:MC-NS10K

カラー:ホワイト

運転時間:HIGH 約6分/AUTO 約10〜15分

充電時間:約3時間

サイズ:スティック W213×H1030 mm×D130mm
クリーンドック W134mm×H417 mm×D282mm