食欲の秋を迎えて、肉料理をがっつりと楽しみたくなった私。たとえば自宅で焼肉などを楽しむのも1つの方法ですが、手間なくサっと食べられるコンビニ各社の魅力的な肉系弁当にもそそられます。そこで今回は、10月12日より販売がスタートしたローソンの「タルタルチキンカツ&豚焼肉丼」(550円/税込)をセレクト。チキンと豚肉の組み合わせは、どのような味わいをもたらしてくれるのでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
牛丼でおなじみ吉野家からまさかの新メニュー! 芳醇な香り漂う「牛ハヤシライス」は深みのあるコクがたまらない

 

●「タルタルチキンカツ&豚焼肉丼」(ローソン)

メインのチキンカツと豚焼肉が見るからにぎっしり詰まった同商品。正方形のパッケージは見た目こそコンパクトではありますが、手に持った際のズッシリとした重みにびっくり。2種類の肉の下にはごはんもたっぷり敷かれているので、お腹を満たすには十分なボリュームです。

 

それではさっそく豚焼肉からいただいていきましょう。豚肉にたっぷり絡んでいるのはにんにく入りの醤油たれで、脂身も含めた豚焼肉とのコンビネーションは抜群。にんにくのこうばしさが広がっていくものの、豚肉本来の旨味を覆い隠してしまうほどの強いクセは感じません。醤油のコクとバランスが取れていて、タレ全体でまとまりよく豚焼肉の味わいを引き立ててくれます。

 

ちなみに醤油たれは豚焼肉だけでなく、ごはんにもしっかり染みこんでいるのが見逃せないポイント。たれを含んでしっとりしたごはんの風味はまさに“どんぶりメニューならでは”の楽しみであり、豚焼肉・玉ねぎ・ごはんをまとめて頬張ると一層ジューシーな食感を堪能できますよ。

 

続いてチキンカツを口に運んでみたところ、とり肉のさわやかな旨味がじんわり。やわらかな歯ごたえも特徴の1つで、サクサクの衣ごと抵抗感なくスっと噛み切れたほどです。また酸味の効いたタルタルソースとの相性もよく、後味を含めて優しい口あたりに包まれていきました。

 

 

既に同商品を購入した人からは喜びの声が相次ぎ、「味つけがしっかりしているし、食べごたえがあって大満足!」「豚焼肉にたっぷりかかったたれの風味がすごくいいね。自分でも作ってみたくなるくらいおいしい」といった反響が寄せられています。あなたも「タルタルチキンカツ&豚焼肉丼」の魅力をじっくり堪能してみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
焼つくねの圧倒的存在感! ファミマの「デッカイ! こんがり焼つくねのゆず塩鍋」は種類豊富な野菜も楽しめる