ASUS JAPANは9月30日、ゲーミングブランド「ROG」から、6.78型のSIMフリースマホ「ROG Phone 6 Pro」および「ROG Phone 6」を発表。10月7日に発売します。希望小売価格は、ROG Phone 6 Proが16万9800円(税込み)、ROG Phone 6が12万9800円(税込み)からとなっています。

↑ROG Phone 6 Pro

 

どちらもゲーミングスマホならではの高性能を追求したモデル。プロセッサーには、最新かつハイエンドなクアルコムの「Snapdragon 8+ Gen 1」を搭載し、ROGブランドのスマホの中で最高性能を実現しています。

 

また、スマホとしては大容量のメモリーとストレージも特徴で、ROG Phone 6 Proは18GBメモリーと512GBのストレージを搭載。ROG Phone 6は12GBメモリー/256GBストレージモデルと、16GBメモリー/512GBストレージのモデルをそろえています。

↑ROG Phone 6

 

これらのスペックにより、多くのスマホでは負荷が重いと感じるようなゲームも快適に遊べるほか、ゲームと複数のアプリを切り替えて楽しむといった際にもパフォーマンスを発揮するといいます。

 

さらに、こうしたゲームを楽しむ際などに発生する熱によって、性能が低下することを防ぐ冷却機構も強化。プロセッサーの熱を移動させるベイパーチャンバーを前モデルのROG Phone 5より30%大型化したうえに、熱を広範囲に拡散するグラファイトシートを85%大型化し、プロセッサーの高い性能を引き出すとしています。

 

ディスプレイは有機ELを採用しており、解像度は2448×1080ドット、リフレッシュレートは165Hz、応答速度は1ms。FPSやTPS、格闘ゲームなど、動きの速いゲームも相手の動きなどがハッキリかつなめらかに見えるとのこと。また、動画視聴時もブレや残像感の少ない映像を楽しめるそうです。

 

ゲーミングスマホならではの機能としては、本体を横向きに持ったときに上部左右の端に来る、超音波のタッチセンサー「AirTrigger 6」を搭載しています。タップやスワイプに反応し、ゲーム内のタッチ操作などを割り当てることで、ゲーム機のような操作性を実現。

 

また、スマホ本体を上下左右に動かして操作する「モーションコントロール機能」や、ゲーム中に変更したい設定や情報にアクセスできるアシストツール「Game Genie」などを搭載しています。

↑左のROG Phone 6 Proは設定したアニメーションやテキストを表示できる2.0型OLEDディスプレイを搭載。右のROG Phone 6は、異なる色や光り方を設定できるドットマトリクスLEDを搭載しています

 

このほかスペックは下記のとおりです。

製品名 ROG Phone 6 Pro ROG Phone 6
プロセッサー Snapdragon 8+ Gen 1
メモリー LPDDR5 18GB LPDDR5 16GB LPDDR5 12GB
ストレージ 512GB 256GB
ディスプレイ 6.78型ワイド有機ELディスプレイ、2448×1080ドット、165Hz
カメラ 背面:5000万画素広角カメラ/1300万画素超広角カメラ/500万画素マクロカメラ
前面:1200万画素
バッテリー容量 6000mAh
OS Android 12(ROG UI)
サイズ 高さ173×幅77×奥行き10.4mm
重量 239g
付属品 USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、Aero Case、ROG ARカード、ユーザーマニュアル、製品保証書

 

また、アメリカンコミック『バットマン』とROG Phone 6のコラボスペシャルエディション製品「ROG Phone 6 BATMAN Edition」も同時に発表。指紋認証やUIにBatarangを採用したり、『バットマン』のテーマパックがプリインストールされたりと、特別仕様のモデルとなっています。スペックは、12GBメモリー/256GBストレージモデルと同じです。

 

【フォトギャラリー】※画像をタップすると閲覧できます。一部SNSからは閲覧できません。

 

さらに、ROG Phone 6シリーズ専用のアクセサリーも登場。外付けの冷却ユニットや、ゲームコントローラーなどが発表されました。

 

【フォトギャラリー】※画像をタップすると閲覧できます。一部SNSからは閲覧できません。