ラーメンのスープに使用される“魚介だし”には様々な種類があり、豚骨系のだしとは一味違う芳醇な香りが持ち味。中でも煮干しだしスープの人気は高く、煮干しラーメン専門店も存在するほどです。また子どもの頃から慣れ親しんでいる風味だけに、どこか懐かしさも感じさせてくれますよね。そこで今回は、11月16日にセブン-イレブンで販売が始まった「濃厚煮干し中華そば ごくにぼ」(583円/税込)に注目してみました。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
さつまいもスイーツ好き歓喜! ローソンの「とろ生スイートポテト」が醸し出す優しい風味

 

●「濃厚煮干し中華そば ごくにぼ」(セブン-イレブン)

同商品はその名が示すとおり、濃厚なスープに仕立てた「ごくにぼ」と呼ばれるジャンルの煮干しラーメン。よほど味が強いのか、パッケージには「煮干しが苦手な方はご注意ください」という気になる文言も…。開封した商品は麺・具材とペースト状のスープに分かれていますが、完成するとどのようなビジュアルになるのでしょうか。

 

 

さっそく加熱調理(目安時間 500Wで5分30秒)をおこなったところ、醤油ラーメンのようなサラっとしたスープとは異なるトロトロのスープにびっくり。湯気とともに漂う香りの段階から煮干しの存在感が強く、一口スープをすすっただけであっという間に口の中を濃厚な煮干しだしの風味が覆っていきます。

 

使用されている麺はやや太めのストレート麺。生麺ならではの艶を放ち、同時に歯ごたえのあるモチモチ食感も楽しませてくれます。ちぢれ麺に比べてスープの絡みが弱いストレート麺でも、トロみのあるスープがしっかり麺の表面をコーティング。時間が経過しても常にアツアツの状態でいただけるのがGOODです。

 

同商品は豚肉チャーシューと味付メンマの他に、細かくカットされた玉ねぎが入っているのも特徴の1つ。しっかり熱の通った玉ねぎの食感はやわらかく、噛んだ瞬間に野菜特有の甘みがじゅわっ。チャーシューとメンマもスープと相性がよく、最後の一滴まで“濃厚にぼし”の味わいを堪能することができました。

 

既に同商品を購入した人からは絶賛の声が相次ぎ、「コンビニのチルド麺とは思えない専門店レベルのこってり感!」「煮干しの味わいが想像をはるかに超えてきた」といった反応が続出。「濃厚煮干し中華そば ごくにぼ」が繰り出す強烈なパンチを、あなたも全身で浴びてみては?

 

※価格はライター購入時のテイクアウト価格です。

 

【関連記事】
商品名に負けないパンチ力! 「人類みな麺類RED めっちゃうまから! 旨だしトマトらーめん」の味わいにノックダウン