これからのスタイリングを支える役割として欠かせないショートブーツだから、最短ルートで理想の1足に出会いたい。万能な「色」、服に好都合な「形」、やぼったく見えないヒールやソールの「幅」。3つの基準をパスした精鋭が集結。
※( )内の数字はヒールの高さで、単位はcmです。



「横幅もつま先も細身で」ワークブーツ

スカートやワンピース。あるいは細いパンツをブーツの中にINして。甘めの装いを整えたいときなど、特有の重厚感が重宝するサイドゴアやレースアップブーツ。ワイズもつま先もほっそりしたものを選べば、メンズっぽさも抑制できカジュアルすぎない。


【POINT】 細い脚線を促す=「細めの横幅」
どんな服を着るときもスタイルアップは譲れない。足幅の狭いデザインなら、ヒールの有無や高さを問わずすっきりした見た目に導いてくれる。

レースアップブーツ(3.5) 37,400円/コルソローマ ノーヴェ(ハーモニープロダクツ オンラインストア) ほどよいツヤを含んだ上質なレザー。厚みのあるソールに加え、靴ひもまで黒の編み上げで、自然に縦のラインを強調。

≫【新作ブーツ一覧】「美形なものだけ」探す手間なく選べるショートブーツまとめ