頼りになるニット。とくにカラー展開もデザインも豊富な今シーズンは、定番デニムに「飾る」発想でスタイリングプラン。今に適した甘さも、攻めた色の選び方も。おなじみにならない、ちょうどいい足し算の仕方にフォーカス。



001.肌で着る「えりつきカーディガン」

ミニマルな黒と白で構成したカジュアル好きにちょうどいいきちんと感。鋭いVネックからのぞく肌で、メンズっぽさとの対比を。デニムはクリーンな白をセレクトし、カジュアル以上の品性をキープ。クセのないモノトーンならシーンも問わない。



002.ラフなアウターと一緒に「タイトなニットドレス」

肌とのセンシュアルなムードが引き立つラフな羽織りものは、オーバーサイズを着るというよりかぶせるように。ドレスのIラインを包むオーバーサイズで、ヒップラインもカバー。ドレスは伸縮性があり肉厚感のある素材で軽く柔らかな肌触りが特徴。ウエスト位置は自由に変更できるので、折り返してスカートにも。



003.白T・デニムが品よく変わる「ジャケット風」

カジュアルな上下をラクに見せない、クラシカルなジャケットデザイン。素材がニットの穏やかさで、親しみのあるたたずまい。古風なカーディガンを、白Tとデニムで現代的にプレイバック。



004.奥行きが出る「ストールとのアンサンブル」

ごくシンプルな上下もさまになる硬派なネイビーのリンク。モヘアとリジッドの質感の対比が味わい深い。同素材のストールで立体感をプラス。



次ページ| 【コーディネートのプライスも含めた一覧】
≫【16選】デニムを飾る「ベーシックなだけじゃないニット」をもっと見る