1枚で過ごすには心もとない日に
「インテリな」レイヤード
夏本番の手前、気温差のある日もTシャツを楽しめるように「白Tありきで」羽織りを導入したスタイリングを提案。カジュアル以上に引き上げる、知性をかもし出せるようなコーディネートをプレゼン。
01
白Tがソフトにまとめる
「スエットでカラーブロック」

「白Tのやさしさで配色をマイルド化」
白を含んだようなやわらかな色みで、いい意味で配色をくっきりさせずやさしげに。ゆるい白Tとタイトスカートの自然なメリハリも、ソフトな印象に転じるための重要なファクター。

02
気楽な風合いのノーカラー
「配色ニットジャケット」

「白Tとなじみつつ深みを生む」
シャツやテーラードを羽織るよりもかしこまらず、かつ品よくありたい日のわがままに応じるノーカラーの配色ジャケット。ラフに映えるクリーンな白Tがちょうどいいバランスに。

03
涼しげ&シャープに
「正統派ストライプシャツ」

「ストイックな中に隙も生む柄の効能」
定番のシャツを羽織るスタイルは、柄をストライプにして更新。ハーフパンツのマニッシュな抜け感に、足元のローファーのきちんと感でバランスをとりカジュアルすぎを防止。白Tもつまり気味のネックを選択し品よく。

04
定番をアップデート
「サイジングを変える」

「見慣れたアイテムで丈と幅だけ新しく」
オーバーサイズのTシャツにつられて、ジャケットもBIGサイズをチョイス。そのぶんボトムは短く更新するなど、新たな丈感を追求。オーバーなトップスの重みを利用すれば、少々勇気をともなうショートパンツもたやすくなる。

05
違和感が隙に転じる
「メンズのセットアップ」

「白小物がさわやかさを盛り上げる一助に」
セットアップを白Tシャツで抜く、定番になりつつあるコーデに意外性をプラス。メンズアイテムに置きかえることで、ラフであると同時に迫力も見込めるいい結果に。清涼感のある色を選べば重さとは無縁。

06
全部シンプルで
「白と白っぽい」

「親近感のある白が背中を押すALL白」
かわいさを約束する反面、いざ試そうとすると難易度の高い白のグラデーション。まずは身近な白Tを軸に組み立てればハードルが下がる。白Tに似合うシンプルで固め、無理のないALL白へとアップデート。 「白っぽい」ワントーンコーデの実例
白には「白っぽい色」を合わせる|「ほぼワントーン」の成功事例