なんか蚊みたいだな……。血を吸い取られそうな感じの長ーーーーいレンズ

なんか蚊みたいだな……。血を吸い取られそうな感じの長ーーーーいレンズ

Image: サイトロンジャパン

インパクトすげえ!

個性的なレンズを多数ラインアップしている中国のブランド「LAOWA」から、なんだかとんでもなく長いレンズが登場しました。名前は「LAOWA 24mm F14 2× MACRO PROBE」です。カメラの世界で「PROBE(LENS)」(プローブレンズ)とは「虫の目」という意味です。

レンズの長さは408mm。なんと40cm越えです! こんな長いレンズ見たことないなー。なんか昆虫みたい。血吸われそう。

実はこのレンズ、こんな長いんですけど、24mmの広角レンズです。絞りはF14固定で、2倍のマクロ撮影が行なえます。要は、2倍の広角マクロレンズなんですね。まさに虫の目。しかも防水機能付き。これは世界初なんだそうです。

その上、レンズ先端には付属のUSBケーブルで調光可能なLEDリングライトを装着できます。

こんなマクロレンズ、何に使うかって? たとえば、普通のカメラでは撮影できないような小さな穴の奥に住む昆虫とか、洞窟の中に住む小動物などの撮影に適しています。人が入れないようなところに、グイグイ入っていけるレンズなんです。

作例はこんな感じです。

Image: サイトロンジャパン Image: サイトロンジャパン

見た目が変わっているだけに、普段撮れないような写真が撮れることは間違いありません。

LAOWA 24mm F14 2× MACRO PROBEは、最短撮影距離(撮像素子面から被写体までの最短撮影距離)が470mmですが、ワーキングディスタンス(レンズ先端から被写体までの最短撮影距離)は20mmです。距離感を間違っちゃうと、被写体にぶつかっちゃうので注意しましょう。

予想市場価格は20万円前後(税抜)。対応マウントはキヤノンEF、ニコンF、ソニーFE、ペンタックスK。もちろん35mmフルサイズ対応です。

使ってみたいなー。どんなもの撮ろうかなー。

Source: サイトロンジャパン


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索