電子タバコ関連の全アプリ、App Storeから削除

電子タバコ関連の全アプリ、App Storeから削除

Image: Gettyimages

Androidではどうなる?

いま米国では、電子タバコに起因するとされる死傷者の報告が相次いでいます。すでにウォルマート(Walmart)が、全店で電子タバコの販売中止へと踏み切るなど、ベイピング関連の健康問題を重く見る風潮が日に日に高まってきていますが、ここへ新たにApple(アップル)が加わってきましたよ!

われわれはApp Storeを、常にユーザーにとって、とりわけ若者たちにとって、安心してアプリをダウンロードできる場所とするよう細心の注意を払っている。定期的にアプリの評価を進め、最新のデータを参照しつつ、ユーザーの健康福祉に対するリスクを見極めるようにしている。

Appleは、このような説明を出し、このほどApp Storeの審査基準などを示した「App Store Review Guidelines」の改定が実施されたことを明らかにしています。この改定により、電子タバコと連携し、ベイピング関連製品のコントローラー機能などを提供するアプリなど、全181のアプリが削除されたことも発表されていますよ。なお、すでにユーザーが過去にダウンロードしたアプリについては、iOSデバイスでの使用を制限することはないとしていますね。

一方、今回のAppleの措置に対し、少なからぬ電子タバコ製品のメーカーは、反発姿勢を示してもいるようです。App Storeで提供されていたアプリによって、ベイピングの程度をユーザーが自由自在に管理したり、製品をロックして、未成年の子どもたちが使えないようにする機能などが実現していたのに、アプリが使えなくなってしまったらどうするのか? かえって違法なブラックマーケットへと人々を誘導する結果につながりかねないと、批判的な意見も出ているみたいですよ。

とはいえ、Appleは早くも今年6月以降、新たにベイピング関連のアプリをApp Storeで一切認可しない方針を取ってきたともされており、すぐには今回の方針が撤回されることはなさそうです。そうなると、Google(グーグル)が、Androidユーザー向けにPlay Storeで、どのような対応を取ってくるかに、今後の注目は移っていくのでしょう。まだまだ電子タバコをめぐる騒動は、簡単には収まりそうにありませんね…。

Source: App Store Review Guidelines


関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る