Photo: Junya Masuda

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

究極は財布無しの生活?

キャッシュレスが進みスマホだけで生活できる範囲も広がりました。それに伴いミニマルなお財布の選択肢も増えてきましたが、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「QRX」も撥水や耐久性を備えた超小型ウォレットの一つ。

サンプルをお借りして使ってみたところ、キャッシュレス決済で生活できる方にはオススメできると感じたので、その内容をお届けします。

最大収納時でも厚くならない

Photo: Junya Masuda

「QRX」は、カードサイズの二つ折りミニマルウォレット。手に収まるサイズ感で、素材の味を最大限に活かしてデザインされていますね。

一点一点、南仏にてハンドメイドで組み立てられているとのことで、ファッション大国の製品らしくスタイリッシュさも備わっています。

Photo: Junya Masuda

最大容量である7枚のカードを収納した様子がこちら。

Photo: Junya Masuda

そしてカードなしの状態がこちら。ほとんど変わらないのがわかりますね。

逆に言えばカードを収納しても厚みが出ないので、フィット感のあるパンツのポケットでも存在感は少なめでした。

ポケットの配置が絶妙

Photo: Junya Masuda

各ポケットの構造も上手く配慮されており、頻繁に使うカードはこちらのクイックアクセスポケットからサッと取り出せます。

Photo: Junya Masuda

プルタブ付きのスロットには合計4枚のカードが収納可能。

引っ張るだけでサッと取り出せるので、準レギュラーのカードを収納するのにちょうど良いかも。

Photo: Junya Masuda

反対側のスロットには予備のカード類を2枚まで入れられます。頻繁には出し入れしませんが、免許証や保険証を入れておくのにちょうど良いかもしれませんね。

Photo: Junya Masuda

内側には領収書やお札を入れるスロットも搭載。

普段はクレカやQRコード決済メインで生活しているものの、いざという時のために現金も少額持ち歩く人にはちょうど良い設計のお財布だと感じました。

高耐久のコーデュラ生地を採用

Photo: Junya Masuda

生地を接写してみたところがこちら。しっかりと繊維が詰まっているのが分かりますね。

採用されているコーデュラ素材は密度が高く織られており耐久性が高いことでも知られています。身近なところではバックパックなどの素材で採用されているのを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

Photo: Junya Masuda

「QRX」の生地はかなり薄めではあるものの、紙を切れる程度のパワーでカッターを入れても切れませんでした。防刃生地というわけではないので、本気でやれば切れると思いますが、日常生活においては十分な耐久性ですね。

Photo: Junya Masuda

コーデュラ生地は撥水性も兼ね備えているため、大粒の水滴もしっかり弾いています。タフに使えるので、アウトドアやレジャー時のサブ財布としてもちょうど良いかも!

Photo: Junya Masuda

また「QRX」は、有害な化学物質が含まれてないことの証明であるOEKO-TEX認定を受けた製品。これからは自分たちが利用する製品の環境負荷も重要なポイントになってくるかもしれませんね。

キャッシュレスに最適化され、レジャーなどのサブ用途としてもちょうど良いミニマルウォレット「QRX」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆時点では、6,750円(送料、税込)からオーダー可能でしたよ。

売り切れのコースも出ているので、気になる方は早めチェックしてみてください。

>>メイドインフランスのミニマル財布「QRX」

Source: machi-ya