Photo: Disney Plus

ドキュメンタリーも凄く面白い。

ベビーヨーダの愛くるしさがさらに増した『マンダロリアン』シーズン2。ディズニー公式動画配信サービスのDisney +(ディズニープラス)はこういったオリジナル作品も魅力の1つですが、映画やドラマを手がけた製作者の裏側に迫るドキュメンタリーシリーズも見逃せません。

たとえば、世界中のディズニー・テーマパークの設計から製作まで全てを手がけるスペシャリスト集団、イマジニアに焦点を充てた「イマジニアリング〜夢を形にする人々」や『アナと雪の女王2』の制作の舞台裏に迫った「イントゥ・ジ・アンノウン〜メイキング・オブ・アナと雪の女王2」。他にもスター・ウォーズ初のドラマシリーズ『マンダロリアン』のメイキング映像が楽しめる「ディズニー・ギャラリー/スター・ウォーズ:マンダロリアン」などなどディズニープラスでしか見れないドキュメンタリー作品もとても充実しています。

ドキュメンタリーシリーズ最新作は、ピクサー

『トイ・ストーリー』や『Mr.インクレディブル』、『カールじいさんの空飛ぶ家』などを手がけてきたピクサー・アニメーション・スタジオ。ピクサーで働く個性溢れる人物たちに焦点を当てた「PIXAR ピクサーの舞台裏」はディズニープラスのドキュメンタリーシリーズ最新作です。

予告編はこちらからどうぞ。

ようこそ、ピクサーへ?

これまで明かされていない“ピクサーの裏側”を紹介する、待望のドキュメンタリー・シリーズ。

『PIXAR ピクサーの舞台裏』
11/20日(金)《第1〜5話》#ディズニープラス で独占配信? pic.twitter.com/R8NoIvD2eM

— ディズニープラス公式 (@DisneyPlusJP) November 20, 2020

シーズン1では人物・分析・出発点・ひらめきの4つのテーマの中の1つ、ひらめきに焦点が当てられ作品を手がけてきた脚本家やアニメーターなどのエピソードを見ることができます。

また、予告編には12月にディズニープラスで配信が予定されている『ソウルフル・ワールド』の監督を務めたピート・ドクターや同作の脚本を手がけたケンプ・パワーズ、『2分の1の魔法』の監督を務めたダン・スキャンロンの姿も見られます。

12月は注目作品が続々登場予定

新型コロナウイルスの影響で劇場公開が延期され、最終的にはプレミアム配信作品となった実写版『ムーラン』。本作はディズニープラス独占配信作品としてプレミアム料金(2,980円)を支払うことで9月から視聴することが可能でしたが、12月4日(金)以降はディズニープラスの会員であれば追加料金を払うことなく視聴できるようになります。

また、ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』も当初は劇場での公開が予定されていましたが、ディズニープラスを提供する国では12月25日(金)より独占配信予定です。

どちらの作品も楽しみにしていただけに劇場で見れないのは残念ですが、どうやら今年のクリスマスはドラマや映画に囲まれた良い時間が過ごせそうです。