Image: setoworks

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

ノートPCもハードやソフトの進化でスリム&軽量化していますが、人によってはポート数が圧倒的に足りないということもありますよね。筆者も2ポートしかないPCのためUSBハブを携帯していますが、そんな課題を解決できるキーボードが登場しています。

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「Kolude」は、映像出力も含め9ポートを搭載した薄型キーボード。PD対応かつ最大100Wまでの受給電も可能なので、リモートワーク環境のデバイスを整理できる良いチャンスかもしれません。

こちらのキャンペーンが終了まで残りわずかとなったので、最後に改めてチェックしてみましょう。

本格的なUSBハブが合体

Image: setoworks

丸いキートップが印象的な「Kolude キーボード」は、アルミニウム筐体の質感が美しい薄型キーボード。デザイントーンからApple製品とも相性が良さそうです。

Image: setoworks

特長は5種9個のポートを標準装備する点。

USB Type-A(3.0 ×3/ 2.0×1)が計4つ、USB Type-Cが2つとPCアクセサリーの利用には十分ですが、さらに映像出力用のHDMIポートやSDおよびMicro SD用スロットも完備。

学校やオフィス、または自宅でのPC作業において不足することはなさそうですね。

シザースイッチ式を採用

Image: setoworks

キースイッチはAppleのMagic Keyboardシリーズにも採用されている、シザースイッチ式を採用。

打ちやすく、キーストロークも静かといった特長の他に、複数枚のパーツで構成されるためホコリなどにも強いと言われています。

タイピングの遅延も少ないそうで、実際のキータッチが気になりますね!

各ポートの性能も十分

Image: setoworks

「Kolude」は100WのUSB PDに対応しているため、PCアダプタを別のポートに挿す必要はありません。

数少ないノートPC側のポートを消費しないのは良いことですよね。

Image: setoworks

HDMIポートでの映像出力は4K/30Hzに対応。

Image: setoworks

キーボードはバックライト付き。

フルキーボードだと明るい部屋のデスクで利用する機会が多そうなので必要性は高くはないですが、演出としてはアリですね。

タブレットとも相性良し

Image: setoworks

USBやマウスにも対応したiPadをはじめ、タブレットメインの方がじっくりデスクで作業する際にも良さそうじゃないですか?

なお上記の画像は無線接続っぽくなっていますが、実際には有線接続が必要とのことなのでその点はご注意ください。

Image: setoworks

カラー展開はApple製品とも相性が良さそうなオールブラック・グレー&ブラック・シルバー&ホワイトの3色から選択可能です。

9ポートのハブを盛り込んだシザースイッチ式のフルキーボード「Kolude」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では30%OFFの16,550円(送料・税込)からオーダー可能でした。

キャンペーン終了まで残り7日となっていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

>>USBハブが搭載されたアルミニウム製キーボード

Source: machi-ya, YouTube