Image: growcorp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

ウインタースポーツに、新たなジャンルが加わりました!

クラウドファンディングサイトmachi-yaに登場した「スキースケート」がそれ。手軽に始められて本格的なトリックも決められそうな“世界一短いスキー”は、その便利さからユーザー急増中。初心者から上級者まで楽しめる「スキースケート」の、目新しさや魅力についてチェックしていきましょう。

滑走スピードや安定感をブラッシュアップ

Image: growcorp

「スキースケート」は、2019年に日本に上陸した「Snowfeet(スノーフィート)」の進化形です。「Snowfeet」もコンパクトで導入・扱いが手軽といった点で魅力的なプロダクトですが、パウダースノーに適さないという弱点がありました。

Image: growcorp

「スキースケート」は、スピードやトリックなど、より本格的にライディングを追求したい方のために滑走面構造に改良が加えられました。これにより、滑走スピード、安定性、走破性が向上しています。

バックパックに入るコンパクトさ

Image: growcorp

「スキースケート」の最大の特長として、長さ44cm、重さは左右で1.24kgとコンパクトな点。思い立ったときに、「スキースケート」をカバンにポンと入れてゲレンデへ出発!ということも可能に。今まで何かと荷物や準備に時間がかかったウィンタースポーツに画期的なアイテムとなる予感です。

ゲレンデでの自由度が高まりそう

Image: growcorp

「スキースケート」の身軽さは、ライディングにもあてはまります。ノーズとテールが短いので小回りが効きます。当然、ゲレンデでの移動やリフトの乗り降りも楽。高速滑走も可能ですが、フリーライディングでジャンプやトリックなんかを極めるのもあり。スノーボードでは成し得なかったような緻密な滑りを生み出せるかもしれません。

道具選びもシンプルに

Image: growcorp

「スキースケート」はワンサイズで22.5〜32.5cmに対応。選択肢はスノーボード用のソフトブーツ向けか、スキー用のハードブーツ向けかの2択×カラー(ブラックorホワイト)のみとなります。

このシンプルさから、ウインタースポーツの入り口が「スキースケート」といった方も今後は増えそう。価格がリーズナブルなのも始めやすさを後押ししてくれますね。

世界一短いスキー「スキースケート」は、現在machi-yaにてキャンペーン実施中。執筆時点では、20%OFF28,800円(税・送料込み)からのコースが選択可能となっていますよ。

このチャンスに、冬の楽しみに備えておくのはいかがでしょうか? キャンペーンは残りわずか。プロダクトの詳細は以下のページで参照ください!

>>雪上を靴のまま滑る感覚!バックパックに収まる世界一短いスキー「スキースケート」

Source: machi-ya