Image: マイクロソフト

タブレットモードをなんとかして提供したい、という夢がまだ続いているのです。

ペンを使って! クリエイティブなことして! とSurface Laptop Studioに搭載されたスタジオモード。これを見たギズモード編集部内では「懐かしい...」という声が漏れました。

というのも、似たスタイルのノートPCが今までにあったんですよね。

Image: ソニー

まずはソニー時代のVAIOから。VAIO Duo 13です。

Image: ソニー

超でっかいヒンジでディスプレイの表側を上に向けることができたモデル。ディスプレイの角度の調整範囲が狭くて、ノートPCスタイルだと見下ろし角度キツめでした。でもPhotoShopやLightroomをペンで直感的に操作したいクリエイターの方にウケた記憶があります。

Image: ソニー

おつぎもVAIOです。VAIO Fit Aシリーズです。

Image: ソニー

ディスプレイを開き、さらにディスプレイを裏側に向くように回して閉じる。これでタブレットモードとなりました。キーボードを回してタブレットモードにするDELLの2-in-1ノートもありましたっけ。

Image: ソニー

HPのSpectre Folio 13もなかなか挑戦的。

Image: ソニー

レザーカバー一体型のヒンジがディスプレイを支えており、ゲームで遊んだり動画も見やすいメディアモードにもなるし、ペンが使いやすいアングルのタブレットモードにもすることができたモデル。こうして見ると、Surface Laptop Studioの構造に極めて近くてご先祖様感がありますね。