Image: WHILL

あとは、こういうミニマムなモビリティが留められる駐車スペースが増えてくれたら。

よくよく考えてみると、おじいちゃんおばあちゃんが乗ってる電動カートって歩道を走ってる。そうなんです。電動キックボードの歩道走行可のニュースが話題となりましたが、日本にはもともと時速6km/h制限であれば、歩道走行可能な乗り物ってあったんです。セニアカー、シニアカーと呼ばれる乗り物がそれ。

こういった電動カートはいままで、もっさりしたデザインのものが大半でした。でも「WHILL Model S」はごらんのようにスッキリ&モノトーン。フロントにそなわるカゴも含めてスタイリッシュ。カウルがなく前からの風を受けやすい形状ですが、最高時速6km/hであれば気にするほどではないありません。

Image: WHILL

写真からわかる装備はヘッドライトに前後ブレーキが備わり、最高時速はツマミで調整可能、シートは可動式で、小柄な人でも大柄な人でもポジションをキメやすいところ。クラクションもありますね。このスタイルなら乗りたいと思う方は老若問わずいるのでは。というか書いている僕が欲しい。

早歩きくらいの速度しか出せないから遠乗りは難しいでしょう。だからこそ近所の移動のためだけの足としてポジティブに捉えられそう。WHILL Model Sはそんな、新しいモビリティだと思うのです。価格はまだ未発表。秋に発売とのことなので、興味がある方は衝動買いを控えておきましょうね。

Source: WHILL