“天才”ベルバトフ、20年に及ぶキャリアに終止符「試合、ファン、ゴール…すべてが恋しい。寂しくなるね」

“天才”ベルバトフ、20年に及ぶキャリアに終止符「試合、ファン、ゴール…すべてが恋しい。寂しくなるね」

元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが現役引退を発表した。

1998年に母国ブルガリアのCSKAソフィアでデビューして以降、トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブで活躍したベルバトフ。2017年にはインド・スーパーリーグのケーララ・ブラスターズに加入し、翌年3月に退団してからは、1年以上にわたりフリーの状態が続いていた。

そして19日、ベルバトフは自身の『Instagram』で現役引退を発表。SNS上には「すでに僕が引退したと思っている人がいることを理解している。僕のラストゲームはもう1年以上も前で、今が現役生活を辞める適切な時間だと思う。だいぶ遅くなってしまった」と綴り、感謝を伝えた。

「試合、ゴール、プレッシャー、得点を挙げたときのファンの雄叫び、すべてが恋しい。素晴らしい選手たちとプレーし、素晴らしい選手たちと対戦する機会に恵まれた。僕を支え、成長させてくれたすべての人に感謝している。それに、所属したチーム、チームメイト、コーチ、スタッフ、全員にありがとうと言いたい。大きな喜びだった」

「上手くいかないときでも、チームのために常にベストを尽くしてプレーできたと思う。僕はフットボールが大好きだから、寂しくなる。君たちも僕がいないことを寂しく思っているはずだ。ありがとう!」

2001年にCSKAソフィアからレヴァークーゼンに加入したベルバトフは、その後トッテナム、マンチェスター・U、フラムと9シーズンにわたりイングランドで活躍。2014年からはモナコ、PAOK、そしてインドへと渡っていった。マンチェスター・U時代には2度のプレミアリーグ制覇やゴールデンブーツ受賞などを経験。また、ブルガリア代表としても78キャップを数え、同国史上最多48ゴールをマークしている。

その天性の華麗なタッチや巧みなシュートでファンを沸かせたベルバトフ。20年間にわたるプロ選手としてのキャリアに終止符を打った。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
● DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索