好調ミランに大打撃…主力ビリアがふくらはぎを負傷し、約4カ月の長期離脱へ

好調ミランに大打撃…主力ビリアがふくらはぎを負傷し、約4カ月の長期離脱へ

ミランのルーカス・ビリアが長期離脱を余儀なくされるようだ。クラブが8日に発表した。

10月31日のトレーニングで下腿を負傷したビリアは、その後に行われた延期分のジェノア戦とウディネーゼ戦を欠場。負傷までセリエAの全試合に出場し、上位をキープするミランに貢献していた同選手だが、このケガは予想以上に深刻だったようだ。

検査の結果、ビリアは手術の必要があると判断され、8日にフィンランドで外科的な治療を受けた模様。手術は無事に成功したが、再びピッチに立つまでに長期間を要するとミランは声明を出した。

「ルーカス・ビリアは先週水曜日に行われた午前のトレーニングでケガを負い、右ふくらはぎの内側筋腱移行部を損傷した。本日にフィンランドで受けたサカリ・オラヴァ教授が執刀した手術は成功した。完全に回復するまでには4カ月を要するだろう」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索