クロアチアFWペリシッチが明かす決勝フランス戦への特別なモチベーション

クロアチアFWペリシッチが明かす決勝フランス戦への特別なモチベーション

クロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチは、決勝で待つフランスと戦いたいというモチベーションが力になったと話した。『FIFA.com』が伝えている。

クロアチアは11日、ロシア・ワールドカップ準決勝でイングランドと対戦。開始5分に先制されるが、ペリシッチが同点弾を奪うと、延長戦後半にはペリシッチのアシストからマリオ・マンジュキッチが逆転弾を挙げて見事決勝進出を決めた。決勝トーナメントから3試合連続延長戦と、クロアチアにとっては厳しい戦いとなったが、何としてでもファイナルに進みたいという特別なモチベーションが力になったことを明かしている。

「フランスは1998年に僕らを準決勝で止めた。だからこそ、僕らは彼らと戦いたいという特別なモチベーションがあったんだ。彼らが有利だけど、僕らはサプライズを起こすために全力を尽くすよ。準備する時間は3日ある。僕らの夢まであと一歩だ」

20年前、フランスはクロアチアを下し、決勝でもブラジルを撃破して初優勝を決めた。クロアチアも悲願の戴冠を果たすため、20年前のリベンジを狙う。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索