イタリア代表FWキーンの初ゴールは19歳23日史上2番目の若さ…マンチーニ「輝かしい未来が待っている」

イタリア代表FWキーンの初ゴールは19歳23日史上2番目の若さ…マンチーニ「輝かしい未来が待っている」

現地時間23日に行われたユーロ2020予選第1節、イタリアvsフィンランドで、イタリアのFWモイーズ・キーンが代表初ゴールを記録した。

先発したキーンは1−0で迎えた74分、ボックス内で冷静にシュートを決め、追加点を記録。イタリアの2−0での勝利に貢献した。

2000年2月28日生まれのキーンは19歳になったばかり。データサイト『Opta』によると、キーンが代表で記録したゴールは19歳23日で、イタリア代表史上2番目の若さとなる。

ちなみに、最年少ゴールはユヴェントスやローマでもプレーした1940年生まれのブルーノ・ニコルが1958年に記録した18歳258日とのこと。キーンはここ60年で記録したアッズーリのスコアラーの中では最も若い選手となった。

イタリア代表指揮官マンチーニも試合後次のように述べている。

「フィンランドが守勢でくることは予測していたから、ゴールを打ち破るのは簡単ではないと思っていた」

キーンについては「彼は決定機を生み出すだけでなく、ゴールを奪う仕事もしてくれた。テクニックも優れているし、フィジカルも素晴らしいものも持ち合わせている。彼は本当に大きな可能性を秘めているし、輝かしい未来が待っていると思うよ」と発言。代表初ゴールを決めたキーンに賛辞を贈っている。

イタリアは26日にEURO予選第2節のリヒテンシュタイン戦が控えている。所属するユヴェントスでも試合を決定付けるゴールを決めるなど、著しい成長を見せているキーン。同選手がリヒテンシュタイン戦でも結果を残せるのか、次戦もそのプレーは大きな見どころとなりそうだ。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索