フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が、来季チャンピオンズリーグ出場権が懸かる今シーズン残り3試合について言及。ドイツ『シュポルト1』が伝えている。

昨年12月半ばから12勝3分け1敗と絶好調が続いていたフランクフルト。先月にアディ・ヒュッター監督の今季限りでのボルシア・メンヒェングラットバッハ行きが発表されると、3試合中2戦を落とすことに。CL出場権を得られる4位を維持するも、一時は「7」まで広げていた5位との勝ち点差は第32節前までには「1」となり、失速感が否めない。

インタビューでは監督人事のチームの不調の因果関係を否定した長谷部は、残り3試合に向けてベテランたちがチームをけん引する必要性を強調。「僕ら経験豊富なプレーヤーたちがチームを引っ張っていかなければいけません。リーダーシップをとれる選手はケヴィン・トラップ、マルティン・ヒンターエッガー、セバスティアン・ローデ、ティモシー・チャンドラー、シュテファン・イルザンカー、フリップ・コスティッチとたくさんいます」と指摘しつつ、「僕も若い選手たちとコミュニケーションをとっています。エヴァン・ヌディカやトゥタ、ジブリル・ソウらは良いメンタルを示し、彼らに関しては心配はないでしょう」と自身も若手たちに声をかけていることを明かした。

9日に行われる第32節で待っているのはマインツとのダービーマッチ。2部降格が予想されていた同チームは、1月にボー・スヴェンソン氏を新監督に迎えてからはバイエルン・ミュンヘンやRBライプツィヒに勝つなど番狂わせを演じ、8勝5分け4敗の好成績、直近の8試合は負けなしで巻き返しに成功。一時は最下位に沈むもここまで順位を12位に上げたチームをフランクフルトがホームに迎える。

そんなマインツに長谷部も警戒心を抱いている様子。「マインツはかなり調子が良いですね。ボー・スヴェンソンの下でたくさんの勝ち点を獲得しています。アグレッシブなプレーをして、戦術面でも規律を持っています。とてもタフな相手です」と評価を口に。一方、「だが、僕たちはホームでは負けなしです。マインツをリスペクトしますが、僕たちには自信あるし、必ずこの試合から勝ち点3を得たいと考えます」と強調した。

フランクフルトはマインツ戦後には15日の翌節では最下位シャルケとのアウェーマッチに臨み、22日の最終節では9位フライブルクとホームで対戦。5位のボルシア・ドルトムントがここ最近リーグ戦4連勝と調子を上げているだけに「もう一度CLのアンセムを聞くのが夢」と語る長谷部の願いが叶うためにも、フランクフルトは1戦も落とすことができないかもしれない。