ランパード、就任後初のホーム公式戦でも初勝利に届かず…勝ち点3を逃した要因は?

ランパード、就任後初のホーム公式戦でも初勝利に届かず…勝ち点3を逃した要因は?

チェルシーのフランク・ランパード監督は、“疲労”が勝ち点3獲得につながらなかった原因だと主張した。

18日に行われたプレミアリーグ第2節でチェルシーはホームにレスター・シティを迎える。開始7分にメイソン・マウントのゴールで幸先よく先制したチェルシーだが、追加点を挙げられないまま試合が進む。すると67分、CKから失点を許して同点にされると、試合はこのまま1-1のドローで終わった。

これが現役時代に長年活躍したスタンフォード・ブリッジでの初の公式戦となったものの、勝ち点3を逃したランパード監督は試合後、『スカイスポーツ』のインタビューで「疲労を言い訳にしたくはない。しかし、後半にパフォーマンスが落ちた1つの要因となった」と自身の考えを述べた。

「昨日、リヴァプールの試合を見たが、彼らにとっても相当タフだったと思う。120分を戦い、そこから飛行機で帰国した。後半に大きなインパクトになったと言わざるを得ない。それでも、我々は十分に良いプレーができ、ボールを持っている状況でも良くなっていたと思う。しかし、疲労を一番の言い訳として使わせてほしい」

ランパード監督は、開幕戦のマンチェスター・ユナイテッド戦、UEFAスーパーカップのリヴァプール戦、そして18日のレスター戦と公式戦3試合連続で未勝利が続く。この件に関して、自身も選手たちももう少し時間が必要だと認めた。

「もう少し自分たちのプレーを出す必要がある。週半ばの試合では見せることができたが、今日はそのようにはできなかった。修正していかなければならないし、これは過程に過ぎない。我々が求める場所に辿り着くまで時間が掛かるだろう」

「今年はチームを助けられる選手を連れて来られなかったし、クラブに不可欠であったエデン(アザール)を失った。全員がこの状況を理解していると私は考えているし、我慢が必要だ。今日の試合では60分間良くなっていたから、これからもっと良くなると確信している」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索