ロシア史上最も海外で成功したレジェンドが見る母国「選手たちは進歩していない」【W杯開幕直前連載】

ロシア史上最も海外で成功したレジェンドが見る母国「選手たちは進歩していない」【W杯開幕直前連載】

4年に一度の祭典が、間もなくやってくる。

『Goal』はFIFAワールドカップの開幕を前に、開催国ロシアのレジェンドたちにインタビューを行った。全世界の目がロシアに集まる特別な1カ月。レジェンドたちの現在や、ワールドカップに抱く期待、願い、思いとは?

「スペシャルウィーク・ロシア」の最後を飾るのはアンドレイ・カンチェルスキス。ソビエト連邦、ロシア代表でもプレーし、クラブレベルではマンチェスター・ユナイテッド、フィオレンティーナ、レンジャーズなど名門クラブで活躍した。いよいよW杯開幕戦を今夜に控える中、カンチェルスキスは母国に何を期待するのだろうか。

■「プロを指導したい」

――監督として、最近はどのようにお過ごしですか?

今は、ロシア国立大学のヘッドコーチだけど、近いうちに、プロチームで仕事ができるといいと思っている。大学生はプロではないからね。それでも私はまだサッカーに関わっているし、この環境にいる。ロシア、イングランド、イタリアで暮らしていて、TVやラジオでも仕事をしている。今のところは、そんな感じだよ。

――では、まもなくベンチにいるあなたを見られるようになりますか?

そう希望している。その方向で動いているよ。また仕事をしたいと思っている。体力はあるし、夢も経験もある。でも、今のところは、変わりないよ。

■マンチェスター・U時代の思い出は…

――あなたは外国で最も成功したロシア人選手だと言ったら、言い過ぎでしょうか?

世間的には、みんなそんな風に考えたり言ったり書いたりしてくれている。そう思ってもらえるのは嬉しいし、そう思わない人がいても、気にしない。そういう評判については、あまり気にしていないよ。

――あなたは多くのクラブでプレーしましたが、キャリアで最も長く過ごしたのはマンチェスター・ユナイテッドでした。ユナイテッドでの経験を、あなたはどう思っていますか?

あそこでの4年間は、素晴らしかったし、とてもうまくいった。その間、2回プレミアリーグを制覇したし、FAカップ、リーグカップ、スーパーカップ、カップウィナーズカップも優勝した。他に言いようがないよ。あそこでの思い出はとても素晴らしく、あのチームにいられて幸せだった。

――外国籍選手がマンチェスター・ユナイテッドで活躍して、「クラス92(マンチェスター・Uのレジェンド)」に仲間入りすることは、簡単なことではなかったはずです。アレックス・ファーガソン元監督に、他の選手たちと同じように評価されていると感じていましたか?

現役時代、たくさんの監督と一緒に仕事をするチャンスに恵まれた。良い監督もいたし、そうでない監督もいた。でも特に印象に残っていて、よく話すのは、(ヴァレリー)ロバノフスキーとファーガソンだ。ロバノフスキーのもとには2年間いた。彼からはたくさんのことを学んだよ。世界で最も優れた監督の一人だと思う。ファーガソンも同じだ。彼がマンチェスター・Uで成し遂げたことのすべて、そしてチームにもたらした栄光を考えれば、そう思う。彼には数か月前に会ったんだ。マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーのリーグ戦のときだ。彼は人間的にも素晴らしく、社交的でポジティブな人だから、良い関係を築いていた。だけど、監督というのは、ときに独裁的な面もなければならないものだ。それでも、彼は素晴らしい監督だったし、偉大な人間だと思う。

■サッカー界の変化には「逃れられない」

――最近のユナイテッドは、あなたがいた頃ほど魅力的ではありません。ジョゼ・モウリーニョ監督の、規律に厳しく、リスクを避けてばかりのサッカーは、クラブの魂を台無しにしていると思いませんか?

ファーガソンの後を受け継ぐのは、どんな監督にも難しいことだと思う。あんなに多くの勝利の後では、ファンはチームが1位以外の順位にいることを許さないからね。90年代は優秀なウイングが大勢いたけど、今はあまりいない。優秀なウイングがいてこそ、チームのレベルが上がるんだ。あの当時は、ウイングの起用がとても重要だったけど、今はそうでもない。ヨーロッパのサッカーでは,サイドを重視するクラブはほとんどない。おそらくバイエルンはそうだけど、その他では見ないね。

――最近のマンチェスター・ユナイテッドは、選手の移籍に大金を使っています。ポール・ポグバに1億ユーロは少し使いすぎでは?

クラブが決めたポリシーなら、そんなことはないよ。ファーガソンのときにはそんな投資はなかったが、彼は渇望していたよ。でも現代サッカーでは、そんなことは毎年のことだし、ますます多くのお金が飛び交うようになっている。あらゆることが変化するものだ。もちろん、行き過ぎなこともある。私の趣味ではないね。でも、そこから逃れることはできない。優秀なサッカー選手が欲しかったら、お金を積まなければならない。欲しくなかったら、払わなくてもいい。それだけのことだ。

■問題山積みのロシア代表

――ロシア代表について話してください。今のチームをどう思いますか?

そう、いろいろ問題はある。残念ながら、サッカー界で働いている多くの人がアマチュアで、サッカーを殺している。年ごとにひどくなっているよ。それに、今の選手たちは私たちの頃ほど外国でプレーしなくなった。選手たちはほったらかしにされていて、全く進歩していない。代表チームに多くの問題があるのは、そのせいだ。

――ロシア国内の才能を見ても、あなたの時代のほうが今より良かったのでしょうか?

当時はソビエト連邦の教育がまだ残っていて、すべてが教えられていた。アイデアやシステムがちゃんとしていた。ソビエト連邦が崩壊してからすべてが消えてしまった。

――では大きな国際大会で、あなたの世代が好成績を収められなかったのはなぜですか?

私が思うに、材料はすべてそろっていた。良い選手がいて、良い監督もいた。たぶん、組織力がなかったんだろう。ソ連の末期から、全体的に少し混乱していた。国の状態が混とんとしていたし、特に経済が悪かった。スポーツが影響を受けるのは、当然のことだよ。だから、私たちは良い結果を出すことができなかったんだろう。若い世代は、とても成功していたけれどね。ソ連の崩壊で経済がおかしくなり、犯罪が増えた。当然、サッカーに悪影響が出たし、他のスポーツもそうだった。

――あなた個人は、2度欧州選手権に出場しましたが、ワールドカップには出られませんでした。1994年のことについては、あなた自身が選んだことでしたね。あのことについて、少し話してください。

私たちは革命を起こしたかった。そして、あれはうまくいった。言えるのはそれだけだよ。

インタビュー=ナイーム・ベネドラ/Naim Beneddra


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索