アイメリク・ラポルテがスペイン代表として初めての記者会見に出席した。

フランス・アゲン出身のラポルテは、フランスの各年代ユース代表としてプレーしてきた。しかし、A代表ではチャンスを得られず、曾祖父母がバスク人であるためスペインの市民権を取得。そしてFIFAに必要書類を提出し、スペイン代表へと国籍変更。そして、EURO2020ではスペイン代表の一員としてメジャー大会に臨んでいる。

すでにスペイン代表としてもデビューを果たしているラポルテ。一方で、記者会見では「国旗や国歌を守るだけのスペイン人としての自覚はあるか?」との追及にこのように答えている。

「非常に強い質問だが、可能な限りベストな方法で応えたい。僕はトップレベルで戦う。目的はスペインと同じで、大会に勝つことだ。代表チームで勝つためにすべてを捧げるし、それが重要なことだ」

また、スペイン代表に招集されるまでの経緯を明かし、「U-19のときから連絡を取り合い、今回のチャンスが来た。ルイス・エンリケ監督が電話で尋ねてきたので、僕は国のためにプレーしたい、トップレベルでやりたいと伝えたんだ」と説明している。

一方で、フランス代表のディディエ・デシャン監督とは複雑な関係が続いており、「メッセージを送ったが、電話番号を変えたのかもしれない。正直なところあまり気にしていない」とコメントしている。