スペインの日刊紙『ラ・ラソン』が、レアル・マドリーMF久保建英の2021-22シーズンのレンタル先候補を挙げている。

2020-21シーズンは前半戦にビジャレアルに加入し、出場機会を得られなかったために後半戦からヘタフェへとレンタル先を変えた久保。ヘタフェでも出場機会に恵まれたとは言えなかったものの、それでも1部残留を決定づけるゴールを決めるなど存在感を残している。

そんな久保は2021-22シーズンもレンタルされることが濃厚だが、『ラ・ラソン』によれば現在3クラブが獲得に興味を示しているという。それはラ・リーガ1部昇格組のマジョルカとエスパニョール、さらにはベティスであるようだ。

『ラ・ラソン』は、久保にとって最も魅力的なレンタル先として、2019-20シーズンにもプレーしたマジョルカを挙げる。理由は、久保が同クラブですでに活躍を披露しており、プレーしやすい環境があるため。その一方でエスパニョールについては、同クラブとレアル・マドリーが良好な関係を築いていることを強調する。エスパニョールでは過去にMFマルコ・アセンシオやMFルーカス・バスケスがプレーし、マドリー復帰の切符を勝ち取っていた。

またベティスは、昨夏にもレアル・マドリーに久保のレンタルでの獲得を打診したものの、その際は選手本人がビジャレアル移籍を選択していた。マヌエル・ペジェグリーニ監督率いるチームはポゼッションフットボールを実践しており、久保にとっては適応しやすいのかもしれない。

果たして、日本人MFは2021-22シーズン、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。