「ユニ交換は神聖な瞬間」デル・ピエロ、ラツィオ戦で神域を侵したミランMFに苦言

「ユニ交換は神聖な瞬間」デル・ピエロ、ラツィオ戦で神域を侵したミランMFに苦言

元イタリア代表のアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が14日、イタリア『スカイスポーツ』のテレビ番組に出演し、ミランのMFティエムエ・バカヨコおよびMFフランク・ケシエの振る舞いに苦言を呈した。

13日に行われたミラン対ラツィオ戦(1-0)は、チャンピオンズリーグ出場権を懸けた上位対決とあり、白熱した試合となった。だが試合終了後、バカヨコとケシエがラツィオのDFフランチェスコ・アチェルビのユニフォームを掲げて勝利を祝ったことで物議を醸した。

事の発端は、アチェルビが古巣ミランとの対戦へ意気込みをツイッターに綴ったことだった。「僕らの方が強い。個の力は比較にならないほどだ」との発言に対し、バカヨコが反応。「OK、アチェルビ。土曜日に会おう」と返し、SNS上で騒動となっていた。

アチェルビはその後、「この問題に終止符を打つためにユニフォームを交換したので落胆している」と心境を明かし、ミランMFの行動について、「憎しみを増長させる行為は、スポーツではなく、弱さを露呈している」と指摘した。だがすでにバカヨコは謝罪をしており、ラツィオDFもSNS上にミランMFと抱き合う写真を投稿。「論争はもう終わりだ。ピッチでまた会おう」と、和解を受け入れた。

一方、ユヴェントスのレジェンドであるデル・ピエロ氏は、今回の騒動について自身の見解を示した。

「あんなことをしなければ今頃、SNS上での言い争いからユニフォーム交換に至ったと “美しい振る舞い”が話題になっていただろう。軽はずみな行動だったとはいえ、真逆になってしまった。サッカー選手は、年齢に関係なく、一般人と同じような行動は許されない。『彼は若者だから』とは言えないはず。多くの子供たちが行動を真似するのだから、責任を感じるべきだ」

またデル・ピエロ氏は、ユニフォーム交換が神聖であると主張。今回の行動は不適切だったと非難した。

「サッカーには、書かれたルール以上のものがある。ユニフォーム交換は、唯一無二の神聖な瞬間だ。チーム内での意見を外ではなく、内部で交わす場であるロッカールームと似ている。そこで度を越えた行動は良くない」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索