ジダンが批判に反論「ベイル自身がプレーを拒否した」…退団についても改めて強調

ジダンが批判に反論「ベイル自身がプレーを拒否した」…退団についても改めて強調

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督は、退団に近づくFWギャレス・ベイルについてコメントした。

ジダン監督の下で構想外となり、退団が決定的となっているベイル。先日行われたバイエルン・ミュンヘン(1-3)との親善試合の後、指揮官は「彼が間もなく去ると見込んでいる。退団は監督としての選択であり、状況を理解している選手の決定でもある。24時間か48時間かは分からないが、そうなるだろう。そして、それは誰にとっても良いことだ」と語っており、移籍が間近に迫っていることが明らかになっている。

そんなベイルは、前述のバイエルン戦でベンチ外となっており、代理人のジョナサン・バーネット氏は指揮官を「無礼だ」と批判している。しかし、アーセナルとの親善試合を前に会見に臨んだジダン監督は、その批判に反論している。

「誰に対してもリスペクトを欠いたことはない。彼の退団に備えている。(バイエルン戦で)ギャレスはプレーしなかったが、それは彼が望んだからだ。彼はクラブが放出に向けて交渉しており、そのためにプレーしたくないと言ってきた」

なお、アーセナル戦については「これまでのところ、プレーさせないように頼まれたことはない」とコメント。そして、30歳FWがクラブを離れることを強調している。

「彼の状況は全員に知られているし、変わることはないだろう。クラブは、彼とともにしなければいけないことをやろうとしている」

スペイン『マルカ』や『アス』は、ベイルは中国への移籍が近づいていると報じている。バーネット氏は、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、パリ・サンジェルマンなどに売り込みをかけたようだが、最終的に中国の2クラブから届いたオファーを取り扱っていると見られており、江蘇蘇寧と北京国安への加入が最も可能性が高いとしている。レアル・マドリーで受け取る年俸額(1450〜1700万ユーロ)を賄う用意があるようだ。残すは移籍金の問題と伝えられている。

リヴァプールとのチャンピオンズリーグ決勝でオーバヘッドを含む2ゴールを挙げ、三連覇をもたらしたベイル。それから約1年後、ベイルは中国へ新天地を求めることになりそうだ。


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索