リヴァプールのFW南野拓実が現地メディアで高い評価を得ている。

リヴァプールは27日、リーグカップラウンド16で2部プレストンと対戦。南野やディヴォック・オリジ、アドリアンといった控え組中心の布陣で臨んだが、南野とオリジがともにゴールを挙げて2-0と勝利した。

試合後、ユルゲン・クロップ監督は南野について「高いクオリティを持っている。彼がいれば、我々のスタイルの大部分を担うことができる」と称賛したが、地元紙『リヴァプール・エコー』でも高評価。チーム最高タイの「7」の採点を与え、寸評ではこのように記した。

「前半、リヴァプールの唯一のアタッカーで、非常に深い位置からのプレーが多かったにもかかわらず、積極的なプレーを見せた。加えて、より高度な技術で先制点を記録した」

また、『スカイスポーツ』、『Irish Examiner』では「7」の採点。いずれも高評価で、数少なチャンスを生かしたことを評価された。