元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に

元バルセロナのクエンカ、サガン鳥栖に正式加入…同胞F・トーレスと日本で同僚に

Jリーグのサガン鳥栖に、スペイン人FWイサック・クエンカが加わることになった。19日、鳥栖がクエンカの加入を正式発表。背番号は7で完全移籍での加入となる。

1991年生まれ、現在27歳のクエンカはバルセロナの下部組織育ちで、11−12シーズンにトップデビュー。その後、アヤックス、デポルティーボ、ブルサスポル、グラナダ、ハポエル・ベエルジェバを渡り歩いていた。

クエンカは18日、自身の公式SNSのアイコンをサガン鳥栖のクラブエンブレムに変えるなどして、鳥栖入りを示唆していた。満を持してJ参戦が公式発表される運びとなった。

クラブの公式メディアを通してクエンカは「サガン鳥栖ファミリーの一員になれてとても幸せであり、これは私にとって大きなチャレンジになると思います」と鳥栖加入の喜びを明かしている。

鳥栖を率いるのはスペイン人指揮官のルイス・カレーラスで、クエンカにとっては10−11シーズンにプレーしたサバデル時代(当時3部)の恩師でもある。また、同僚にはフェルナンド・トーレスがいることでも知られ、クエンカは同胞のいるチームでの再スタートを決断したようだ。


関連ニュースをもっと見る

おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索