クロアチアDF、新生イングランドのスタイルは「昔と変わっていない」

クロアチアDF、新生イングランドのスタイルは「昔と変わっていない」

クロアチア代表DFシメ・ヴルサリコは、イングランドはロシア・ワールドカップでもロングボールスタイルだったと指摘した。『インディペンデント』が報じている。

イングランドは11日、W杯準決勝でクロアチアと対戦。悲願のW杯制覇まであと2勝に迫っていたイングランドは試合開始直後にキーラン・トリッピアーのゴールにより先制。しかし、後半にイヴァン・ペリシッチのゴールで同点に追いつかれると延長後半にマリオ・マンジュキッチに決勝点を許し、決勝進出を逃した。

今大会は多くの若手選手で構成されており、伝統のロングボール主体のサッカーから生まれ変わったと言われていたイングランドだが、対戦したクロアチアDFは異なる印象を得たようだ。

「ロングボールを蹴り込むスタイルを変えた新たなイングランドだという話を聞いていたけど、僕たちがプレスを掛けたら彼らは変わってないことが判明したよ」


GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索