フランクフルトの長谷部誠、鎌田大地の現地での評価は思わしくないものとなった。

フランクフルトは9日、ブンデスリーガ第32節でマインツと対戦。長谷部、鎌田は揃って先発した。だが、試合は11分にマインツが先制に成功する。負けられないフランクフルトはその後積極的に交代策に動き、85分にアルディン・フルスティッチのゴールで追いつく。しかし、逆転には至らず、1-1で終了している。

地元メディア『フランクフルター・ルンドシャウ』ではフル出場の長谷部には「まずまず」の評価。寸評では「最もスマートなパスで構成しようとしていた」とした。一方で、71分までプレーした鎌田は「不調だった」という評価となり、「死んだような芸術だった。つまり弱かった」と厳しい言葉が記されている。

なお、このドローによって、フランクフルトはチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に転落。残り2試合で4位ドルトムントとは勝ち点1差となっている。