フランスの1、2点目は妥当か?モドリッチ「ファウルじゃなかった…PKじゃなかった…」

フランスの1、2点目は妥当か?モドリッチ「ファウルじゃなかった…PKじゃなかった…」

15日のロシア・ワールドカップ決勝フランス対クロアチアは4−2でフランスが勝利し、フランスが20年ぶり2回目の優勝を果たした。だがフランスの1点目及び2点目の場面が、大きな論争を巻き起こしている。

フランスは28分、ゴール右前で得たフリーキックからマンジュキッチのオウンゴールを誘発して先制に成功。1−1で迎えた34分にはペリシッチのハンド疑惑で、主審がビデオ判定の後にフランスのPKを指示し、キッカーのグリーズマンが決め切った。その後フランスはポグバ、エムバペが追加点を決め、クロアチアの反撃を1点に抑え込んで優勝を果たした。

しかしながらスペイン『ラディオ・マルカ』で解説を務めたスペイン人元審判アンドゥハル・オリビエ氏は、フランスの1点目と2点目が無効であるとの見解を示す。

アンドゥハル氏は1点目については「グリーズマンに対するファウルは存在しなかった」と、フランスにフリーキックが与えられるべきではなかったと意見。また2点目については、ペルシッチにハンドの意図がなかったことを主張した。

「39分、アルゼンチン人の審判はペルシッチのペナルティーエリア内でのハンドを取った。あれは間違いなく意図のないハンドだったが、審判はVARを見てPKを指示してしまった」

なおクロアチアの主将モドリッチは、後半が始まる前に副審に詰め寄り「PKじゃなかった……。ファウルじゃなかった……」と抗議。だが、もちろん判定は覆されなかった。

Goal_worldcup_article_banner


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索