マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、前任ジョゼ・モウリーニョ監督の指導方法を非難した。

2016年夏にマンチェスター・Uの指揮官に就任したモウリーニョ監督は、同時期に当時の史上最高額でユヴェントスからポグバを獲得。両者は1年目から3つのトロフィーを獲得する成功を収めたが、その後2人の関係は破綻し、2018年12月にポルトガル人指揮官はクラブを去っていった。

2年余りにわたりモウリーニョ監督との浮き沈みのある時間を過ごし、現在はクラブOBのオーレ・グンナー・スールシャール監督の下でプレーするポグバは、イギリス『スカイスポーツ』で両指揮官を比較して「今のオーレとの関係性はまったくの別物で、彼は選手と対立することはない」と話し、前任者のやり方を暗に非難した。

「オーレにだって選手たちをプレーさせないことがあるかもしれないけど、彼らをあたかも存在しないかのよう端に追いやったりするようなことはない。これがモウリーニョとオーレの違いだ」

「モウリーニョと最高の関係性があっても、次の日になれば何が起きたのか理解できないことがあった。これが僕とモウリーニョとの間にあった奇妙なことで、僕ですら何もわからないのだから、何が起きたかなんて君たちに説明できないんだ」

また、フランス代表MFはマンチェスター・Uを復権へと導くスールシャール監督の手腕を高く評価した。

「彼は多くの人たちに少し近い存在だから、彼のやり方は機能していると思う。すべてのコーチにそれぞれの指導方法や選手への対応があり、選手としてはそれに慣れる必要がある。時には合わないこともあるし、時には合うこともある。オーレはモウリーニョと難しいシーズンを送ったルーク(ショウ)を助けた。そして、彼は自身の能力を証明し、監督の信頼に応えた」