バルセロナは28日、オランダ人ロナルド・クーマン監督(58)の解任を発表した。

先週末のラ・リーガ第10節、本拠地カンプ・ノウでのレアル・マドリーとのクラシコを1-2で落とし、さらに27日の第11節、敵地バジェカスでのラージョ・バジェカーノ戦にも0-1で敗れたバルセロナ。クラブはラージョ戦終了後にクーマン監督の解任を決定し、日付が変わった瞬間に公式ホームページで声明を伝えている。

「FCバルセロナは今夜、ロナルド・クーマンのトップチーム監督解任を決めました。クラブの会長ジョアン・ラポルタがラージョ・バジェカーノ戦の敗北を受けて彼に伝えています」

「FCバルセロナは彼の仕事に感謝をするとともに、今後のプロキャリアの幸運を祈っております」

クーマン監督は今シーズン、ラ・リーガでの10試合で4勝3分け3敗。チャンピオンズリーグでも3試合で1勝2敗という成績になっていた。通算では67試合で平均勝ち点1.96にとどまっている。

なおバルセロナの後任は未定。候補の一人にはアル・サッドを率いているシャビ・エルナンデス監督が挙げられている。