史上初の決勝進出を果たしたクロアチア、ラキティッチは「昨晩は39度の高熱があった」

史上初の決勝進出を果たしたクロアチア、ラキティッチは「昨晩は39度の高熱があった」

クロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチは、イングランドとの試合前夜に高熱があったことを明かした。

ラキティッチは11日に行われたロシア・ワールドカップ準決勝イングランド戦に出場。延長戦の末に2-1で勝利を収め、クロアチア史上初の決勝進出に大きく貢献した。

レアル・マドリーMFルカ・モドリッチと共にチームの中心選手であるバルセロナMFは試合後、驚きの事実を明かした。

「昨晩は約39度の熱があった」

「ベッドに横たわりながら出場するため回復に努めたんだ。その甲斐があったよ。決勝は必要ならば片足だけでも出場するさ」

さらにラキティッチは、試合前にまるでイングランドの決勝進出が決まっているかのようなSNS上での反応がチームのモチベーションを大きく挙げたと語った。

「SNSを見る限りでは、彼らはすでに決勝進出を果たした気でいたようだね。そういった投稿を続けていればいいさ。僕たちは日曜日に試合をしているからね」


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索