2017年、第63回青少年読書感想文全国コンクール課題図書・小学校低学年の部に選ばれ、第3回「児童ペン賞」童話賞に選ばれた絵本「ばあばは、だいじょうぶ」のち、映画化もされた「アルツハイマー」をテーマにされたこちらの作品の原作者の講演会が開催されます。
学びの区民講座『さいごまでお母さんらしく 〜わが家の認知症と介護〜』
2019年12月10日火曜日 14時〜16時(予定)に開催されます。講師は楠章子さん。西淀川区に生まれ育ち、若年性認知症のお母さんと西淀川区で暮らしているそうです。
冒頭でも触れた映画『ばあばは、だいじょうぶ』は富士真奈美さん、寺田心さんが主演の映画です。自身が身近に経験しているからこそ分かる、誰もが避けては通れない老い・認知症・介護と言った問題を子どもの視点から描かれている作品を生み出した楠章子さん。どんなお話を頂けるのでしょうか???

開催場所は西淀川区役所 5階大会議室です。どなたでも参加することができますが、申込みが必要です。興味を持たれた方は、まず申し込みから!
2019年12月9日月曜日までに、西淀川区役所4階43番窓口まで来所、または電話でお申込みください!! ↓

『さいごまでお母さんらしく』の申込受付と開催場所、西淀川区役所はこちら
大阪府大阪市西淀川区御幣島1丁目2−10