太宰府天満宮の参道では、毎月17日を『きゅーはくの日』として、古代米入りの梅ヶ枝餅が販売されています。
『きゅーはくの日』とは、『九州国立博物館』開館10周年を記念して2015年に試験的に古代米入りの梅ヶ枝餅の販売をしたところ、評判が良かったのをきっかけに、毎月17日を『きゅーはくの日』として、古代米入りの梅ヶ枝餅が販売されることになったそうです。
きれいな薄紫色の梅ヶ枝餅をぜひご賞味ください。
天気のいい日は、梅ヶ枝餅を食べながら参道をのんびりと歩くのもいいかもしれません。
また毎月25日は『天神さまの日』として、よもぎ入りの梅ヶ枝餅が販売されています。

太宰府天満宮はこちら↓↓↓
福岡県太宰府市宰府4丁目7−1