東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」から徒歩30秒と駅チカにあるレストラン「イタリアンダイニング ローマの台所」が緊急事態宣言に従い、2021年2月7日までディナー営業をお休みし、ランチのみの営業になるとのことです。
「ローマの台所」は昨年11月にオープンしたばかりでまだ日は浅いのですが、リーズナブルなお値段で本格的なイタリアンが楽しめるということで人気が出てきているお店です!
お店のオススメは…
●牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ(¥1,620税込)
●アンティパストミスト(¥1,320税込)
●ビスマルク(¥1,620税込)の3品になります!
「牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ」は絶妙な焼き加減で調理された厚みのあるフォアグラと牛フィレが重なったお店の看板メニューです。
お店のスタッフさん同士でも絶賛のイチ押し料理とのことなので一度は食べてみる価値ありですね!
「アンティパストミスト」は三段重ねになった、見た目にも豪華な前菜の盛り合わせ!上段には生ハム、サラミ、オリーブ、中段にはチーズとレバーパテ、下段には新鮮な野菜のバーニャカウダが盛り付けられています。
写真映えもするこのアンティパストはオーダーするお客さんも多いとのことです!
どれも本格的なイタリア料理ですがこのお値段で食べられるとあって、飲食店にとっては厳しい今の状況の中でもお客さんから徐々に人気が出てきています。
2月8日以降はディナーメニューをリニューアルするとのことなので更に期待が高まりますね。
「ローマの台所」の詳細はホームページでご確認ください。

お店の場所はこちらです↓↓
東京都文京区小日向4丁目7−10 塩田ビル 2F