旧暦の七夕は、2021年8月7日だそうで、北野天満宮ではこの日、七夕祭りが開かれます。
それに合わせて、境内には数えきれないほどの七夕飾りが飾られています。
氏子さんや参拝者も願い事を奉納できるようになっている他、近隣の学校や保育園などからたくさんの願い事が寄せられました。 
さすがは学問の神様、菅原道真公が祀られているとあって、「志望校に合格できますように」「国家試験合格!」などの試験に関わる願い事が多いようでした。
また、「新型コロナが早く収まって、普通にみんなと会いたい」などの願い事もあります。
また、境内では、正月の祝い膳で、お節料理やお雑煮を食すときに欠かせないとされる縁起物、大福茶(煎茶に昆布や梅を入れた縁起物)用の梅、3万個が土用干し(天日干し)されていました。
境内に植えられた梅の実をこの時期に収穫し、塩漬けしています。
事始めとされる、年末の12月13日に授与されます。
大福茶を飲む習慣は、平安時代の天暦5年(951年)に都で疫病が大流行、この時、空也上人がこのお茶を病人に振る舞ったところ、疫病が収まり、村上天皇が正月にお茶を服すようになったとの故事に由来します。
手水舎には「北野の花手水」が綺麗にしつらえてありました。
祇園祭でも厄除や疫病退散を願い生けられるヒオウギ尽くしの花手水です。
錦市場の「花つね」さんが生け方奉仕されています。