那須町にある『那須高原バル』では、2021年7月22日より、「那須夏フェアー」と題して、地元の牛乳を使った冷たいデザートの販売を開始しています。
那須高原バルは、コロナ禍の影響を受けて長年勤めた会社を退職したメンバー4人で運営するレストランで、2021年3月20日にオープンしました。
開業後もコロナ禍の影響を受けて、厳しい営業をしているそうですが、観光シーズンを迎えるこの時期に地元の素材を使用したデザートメニューの投入でお客さんを迎えます。
難しい運営が想定される飲食店ですが、外食の楽しさをもう一度世間の皆様にアピールしたいという想いで挑戦しオープンしたお店です。
コロナ対策を実施した上で、ガーデンバーベキュー、自分で焼くステーキ等、味だけでなく体験するレストラン運営を目指しています。
運営スタッフは、コロナ禍の影響を受けて長年勤めた会社を退職したメンバー4名が中心です。