JR金町駅南口にベルトーレ金町が竣工し、活気あふれる金町!でも南口だけが変貌しているわけではないらしい…?
金町駅北口から伸びる理科大通りをぶらついておりますと、突然こんな貼り紙が目に留まりました。何やら赤い情熱的なお店に、「2021年8月上旬OPEN」の文言が。
なるほど、ここしばらくお店閉まっていたようでしたね…という情報は置いておいて、このメニュー名…反応せざるを得ない!!
お気づきになられましたでしょうか…この「ほっこり焼き」というネーミング。そうです。それはJR金町駅南口に再開発前まで、金町駅前で43年の長きにわたり愛されてきた讃岐うどんの名店「四国大名」さんの、看板メニュー!!
え、ちょっと待ってどういうこと??とりあえず情報を整理しましょうね。
さて四国大名さんは、JR金町駅南口で昭和49年から再開発前までず〜〜〜っと愛されてきたうどん屋さん。
古くから金町に親しんでこられた方にはおなじみのお店かと思います。で、そんな四国大名さんが閉店前に比較的新しく開発されていたのが、自家製麺を使った「ほっこり焼き」だったんですね。
こちら、街歩き番組の王道「モヤモヤさまぁ〜ず2」さんでも取り上げられておりました!
そしてそんな四国大名さんも、系列店のそばっ子さん、金町餃子さんとともに、JR金町駅南口の再開発により閉店・移転を余儀なくされておりました。が!実は金町駅北口側、理科大通りに粛々とその麺・味を受け継いで来られていたんですよね…それがこの「赤いお店」。