2021年8月27日(金)、宮城県にもとうとう緊急事態宣言が発出されました。
宮城県と仙台市は、5月からの「リバウンド防止徹底期間」を経て、8月13日からは共同で「独自の緊急事態宣言」を発出しておりました。
8月20日には「まん延防止等重点措置」が敷かれ、対象は仙台市のみとなっておりましたが、新型コロナウイルスの新規感染者の急増をうけ、特措法に基づいて政府から改めて発出された形です。
「まん延防止等重点措置」と「緊急事態宣言」、どちらも時短や休業、自粛や休止などと言ったワードが思い浮かびますが、線引きが曖昧に感じることがありますよね。
明確な違いがいくつかありますのでご説明いたします。
◆まん延防止等重点措置
・ステージ3(感染急増相当)で発出
・店側に対し、時短要請
・命令まで発令できる
・市町村単位または一部地域に限定して発令できる
・命令違反の罰則は20万円以下の過料
◆緊急事態宣言
・ステージ4(感染爆発相当)で発出
・店側に対し、時短要請だけでなく、休業要請
・命令まで発令できる
・都道府県単位での発令
・命令違反の罰則は30万円以下の過料
緊急事態宣言は2021年8月27日(金)〜9月12日(日)までです。
しかし、感染者数の推移によっては再度期間の延長を強いられることになるかもしれません。