大阪発“とろとろ食感”の生わらびもちと飲むわらびもちが人気の「とろり天使のわらびもち」が2021年9月18日(土)に自由が丘へ上陸!場所は北口を出て、すずかけ通りと自由通りの交差点、セブンイレブンの向かい側です。
「とろり天使のわらびもち」は数々のメディアに取り上げられ、人気急上昇中のお店。関西を中心に九州や東京にも進出し、9月18日(土)に旗艦店となる「とろり天使のわらびもちカフェ 渋谷本店」もオープンしています。
そして渋谷本店と同じ日に、ここ目黒区自由が丘にもテイクアウト専用のお店がオープン。お箸じゃないと食べられないほど、とろとろ食感と評判の生わらびもちがついに体験できますよ!
日本で昔から親しまれているわらびもち。わらびの根に含まれているでんぷんを精製してつくられる“本わらび粉”を水で溶かして、火にかけながら練り上げるのが伝統的な作り方です。
とろり天使のわらびもちは、大変希少な「本わらび粉」を使用。とろとろ食感に仕上げるため、独自の配合や炊き方などを工夫し、お箸を使わないとつかめないほどのやわらかさを実現しています。
わらびもちにかけているきな粉にもこだわり、本来の風味がより際立つように焙煎し、砂糖をつかわず、和三盆で仕上げているそうですよ。
トッピングは和三盆きな粉の他にあずきがあります。
そしてもう一つ、とろり天使のわらびもちといえば“飲むわらびもち”。 アルバイトの女子高生が「とろとろすぎて、ストローで飲めちゃうのでは」と発想したことから生まれた新しい飲むスイーツです。
カップの底にわらびもちを入れ、生クリームをトッピングした“映える”ビジュアルも話題を呼び、1日最高400杯を販売したという伝説も!
この他にもカップに入ったわらびもちの上に生クリームをのせ、好みできな粉をかける「クリームわらびもち」なども人気商品となっています。