東急大町線の九品仏商店街を歩いていると、レトロな看板に惹かれて、老舗カフェかと近づくと、麺、ワイン、珈琲、そして、名物の創作まぜそばの「nonohito(ノノヒト)」があります。
お聞きすれば、その昔は喫茶店だった店舗を受け継がれて現在に至るそうで、昭和レトロな喫茶店の雰囲気が残っているのは納得です。
ショーケースには、名物のまぜそばのサンプルが入っています。
ただ見ただけでは、どんな味なのかわかりません、想像を膨らませながら、いざ入店です!
店内は喫茶店の名残りもあるゆっくりとした時間が流れるおしゃれな空間です。
店名の「NONOHITO」の由来は、店主さんのお名前、野人(なおと)さんからきています。
席につき、通りを眺めながら、ゆったりできる居心地のいい空間です。
メニューは、まぜそば、または、カルボナーラ、パクチーラーメンなどです。
麺は全粒粉で、スタンダードかとうがらしを練りこんだ辛麺、好きなトッピングを選びます。カルボナーラの辛麺が何故か常連さんのお子さんに大人気だとか。
通な大人に成長されそうですね。
以前はソフトクリームも人気メニューだったそうですが、現在は一旦中止されています。