東山の麓にあり、歴史ロマンあふれる智積院の境内中にある紅葉が2021年11月28日現在、綺麗に色づいています。
この地は自らの極楽往生への道筋として、豊臣秀吉が造立したとされる墓所の阿弥陀が峯から京の大仏へ、正面通を通って西本願寺の阿弥陀堂へと続く道の途中にありました。
早逝した秀吉と淀君との第一子、鶴松の菩提寺として建立された祥雲禅寺のあったところです。
利休好みの庭園はその名残です。没した後も、秀吉の野望を阻止したのはやはり、徳川家康でした。
関ケ原の合戦に勝利した家康は、西本願寺と大仏を分断して、正面通の真ん中に、かつて秀吉が退隠させた教如上人に土地を与え、東本願寺を築きます。
この祥雲禅寺は、かつて秀吉が紀州攻めで滅ぼした、根来山由来の智積院・玄宥僧正に与えて、智積院として復興を図ったのです。
収蔵庫には、長谷川等伯一門による「桜図」「楓図」はじめ、桃山時代の障壁画が多くあり、この時期一般公開されています。
また令和3年3月1日〜令和4年2月28日まで、智積院境内で撮影した作品を応募できる(携帯電話やスマートフォンで撮影した作品でも応募可能)「第7回智積院写真コンテスト」が開催されています。
詳しくは智積院のホームページでどうぞ。
清水寺などに来たときは東山通りを少し南に足を延ばしてみるといいのでは。