*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

昭和48年創業の昔ながらの中華料理店

JR山手線の日暮里駅から8分ほど歩いた谷中銀座商店街の路地裏にある中華料理店『一寸亭(ちょっとてい)』。

店名は創業当時7席ほどだったことや、気軽にちょっと立ち寄ってほしいという思いから、「一寸」と書き「ちょっと」と読むようにしたそう。

店内はカウンター席と小上がりのテーブル席という昔ながらの街中華らしい内装。

メニューは、ラーメンなどの麺類、チャーハン、オムライス、カツ丼などのご飯類、焼餃子、レバニラ炒め、麻婆豆腐などの一品料理とどのジャンルも豊富に揃っています。

名物はお客さんの約7割が注文する「モヤシソバ」!

麺が隠れるくらい、どんぶり一面にたっぷりのもやし餡が特徴のラーメンです。   

多めの餡は最後までラーメンを冷めさせない役割も持っています。

顔ともいえるもやしには真っ直ぐに伸びた極太の“分福もやし”のみを使用するのがこだわり!

分福もやしは、日光の天然水で育てられたシャキシャキした食感が特徴で、独特の食感を生み出してくれます。

麺は“浅草開化楼”の中太麺を使用。茹で加減はやわらか目でムチっとした熱々の餡にも負けない麺です。

もやしのシャキシャキ感が際立ち、熱々のもやし餡にコーティングされた麺の旨さが互いに引き立たたせてくれます。

スープは昔ながらの中華そばを思わせる豚骨や鶏ガラをメインとした出汁に、醤油ダレを合わせたほっとする優しい味わいです。

もうひとつの名物であるチャーハンは、いかにも昭和な町中華チャーハンのビジュアル。
ふんだんに使われているナルトが旨味のアクセントになっているしっとり系チャーハンです。

長年常連客の方に愛され続ける、昭和テイストのモヤシソバとチャーハンの味をぜひご賞味あれ!

公認ライターおすすめ!東京都の美味しいごはん旅をご紹介

渋谷のカフェや上野の街中華など

東京都で味わいたいグルメ情報を多数掲載しています!

https://gohantabi.jp/syutoken/tokyo

一寸亭

〒110-0001 東京都台東区谷中3丁目11−7

*この記事は2022年5月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

*この記事で使用している画像は、執筆者が撮影したものです。

ライター:ニッポンごはん旅・編集長