松山英樹の大きな武器の一つがキレの良いアイアンショットだが、海外メジャー「マスターズ」でははスウィングに改造が加えられ、さらに切れ味を増していた。そんな松山のニューアイアンスウィングからアマチュアに役立つところのみを、"飛距離アップ請負人"の異名を持ちYouTubeでも大人気のプロゴルファー・吉田一尊に抽出して教えてもらおう。

一般のアマチュアの方が見ても、違いがはっきりとわかるぐらいの大幅なスウィング改造でマスターズを制覇。栄光のグリーンジャケットに袖を通した松山英樹。

ごく簡潔に改造点を説明すると、体重移動&フェースローテーション多めで、アップライト&ダウンブローに振る“アイアン型スウィング”から、体の回転を主体にフェースローテーションを抑え、フラット&シャローに振る“PGAツアーで主流の最新スウィング”へと生まれ変わりました。

まず、テークバックからトップへ上がるまで、アドレスでできた右足の角度がキープされている点は、新スウィングでもまったく変わりません。むしろ、以前よりもスタンス幅が少し広くなったぶん、右足の目標方向への傾きが大きくなりました。右へのスウェイを防ぐことで軸ブレが少なくなり、ミート率がアップします。

2つめのポイントはテークバックの上げ方です。旧スウィングではテークバックでフェースを開きながら、ややインサイドにクラブが上がっていましたが、新スウィングではフェースを開かず下に向けたまま、飛球線後方から見たときにヘッドが手元よりも前にある状態をキープしてシャットに上げています。

これはジャスティン・トーマスのスウィングでも見られる動きで、スウィング中に体の正面からクラブが外れなくなることでクラブをコントロールしやすくなり、これもやはりミート率のアップに繋がります。

そして3つめのポイントがインパクトからフィニッシュにおける右足の使い方です。スウィング改造によって体の回転量が増したため、以前よりも右足のかかとが上がるのが早くなり、後方から見たときにフィニッシュでは右足かかと真上よりも右に向くぐらい、体を回しているのがわかります。ここもぜひアマチュアにマネしてほしいポイントです。

コツとしてはフィニッシュのときに右足の小指で立つような意識があるといいでしょう。これだけで体がスムーズに回るようになり、回転の量もスピードもアップします。その際、左足のかかとを軸に体を回転することも大事なポイント。左かかとを軸に回転できていれば、フィニッシュで左つま先が目標を向くように動いても(開いても)OK。体の回転が止まって、手打ちになりやすいアマチュアの方は、とくにマネしてほしい動きです。